青森人 絵 ねぶた 日々の出来事

 

イシダファミリアのブログ

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

イシダファミリア公式ホームページ

カテゴリ

Facebook

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Copy right

このページの記事一覧
Posted on --:--:-- «Edit»
--
--/--
--

Category:スポンサー広告

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tb: --     com: --
Posted on 21:00:02 «Edit»
2011
08/17
Wed

Category:鍾馗

鍾馗と鬼瓦の解説 


そういえば...今年作ったミニミニねぶた

解説 ブログに載せてなかったな~っと

鍾馗ねぶた展 (3)
鍾馗ねぶた展 (1)
鍾馗ねぶた展 (2)

1805年(皇紀2465)文化2年の夏
京都三条の薬屋が、家を新築したときに、大屋根に大きな鬼瓦を取り付けた。
しばらくして、向かいの家の奥方が急病にかかり床に伏せてしまう。いろいろ薬を飲ませたが効き目がなく陰陽師にみてもらったところ、向かいの鬼瓦によって跳ね返された厄災が奥方に降りかかっているとのこと。治すためには鬼瓦に対抗して、魔除けの神 鍾馗を祀って 睨み返し をしなければならないと。そこで伏見の瓦屋に、鍾馗の像を作らせて、玄関の小屋根に、正面から向かい合うように据えると奥方の病気は、たちまちのうちに治ったといわれる 

元ネタってのが 江戸時代の考証家 石塚豊芥子(いしづかほうかいし)の 街談文文集要の 鬼瓦看発病からです

鍾馗のねぶたを作る時は 

唐の六代皇帝玄宗が熱病にかかり床に伏せた......ではなくて

是非このお話で作りたいな~と思っておりまして

ねぶたでは まだ見たことないし(あったりして

ミニミニねぶたで作ってみた次第です(笑)

この話では 鍾馗は 焼き物で 生きものでないし 悩んだのですが

鬼瓦も鬼になりつつある設定にして 生きものVS生きもの の設定で作ってみました


明日は 今年もう1個作った スイカのお話



最後までお付き合いいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。よろしければ「カチカチっと」クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森(市)情報へ
にほんブログ村

 管理人のみ閲覧できます

  by -

 コメントありがとうございます。

ご覧いただきありがとうございます。

コチラのコメント欄からの返信で、よろしかったでしょうか?

ランプシェードは、電気のかさ という理解でよろしいのでしょうか??
だとすると、なかなかおもしろそうですね(^^)
題材となると....これはなかなか難しい質問ですね~正直答えようがないかも知れません(汗)
おっしゃるとおり、細かく作るとその後にかかる作業時間も増えてしまうので悩み所だと思います。
ただ、なんの題材であっても 時間がない というお話からすると レーリーフ(浮き彫り)状にしてみるのも一つの手かも知れません。
自分でもココは省略したくない!ってところだけは、立体的にして、残りは墨の線などで描いて表現する ってことであれば 色々な題材にチャレンジできるのではないでしょうか。

針金は、木工用ボンドをつけた糸をくるくると巻き固定しています
言葉では中々伝わらないかも知れません 
既にご覧になっているかも知れませんが
ねぶたオフィシャルサイトの 金魚ねぶたの作り方(糸の巻き方)を参考にされてはいかがでしょうか?http://www.nebuta.or.jp/kiso/kingyo/kingyo_harigane.pdf

もう一つは、 コメントをいただきました 今年作った鍾馗 さすがに小さく、手も入らないので はんだ付けをして針金をくっつけています。

あまり参考にならなかったかもしれませんね m(__)m 

時間も無いようですが、良い作品ができますように頑張ってください

  by ishidafamilia

Comment-WRITES

« ねぷたの団扇  |  小山内冷菓店 »

 コメント 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/09/11 15:45 |  |  #  edit

コメントありがとうございます。

ご覧いただきありがとうございます。

コチラのコメント欄からの返信で、よろしかったでしょうか?

ランプシェードは、電気のかさ という理解でよろしいのでしょうか??
だとすると、なかなかおもしろそうですね(^^)
題材となると....これはなかなか難しい質問ですね~正直答えようがないかも知れません(汗)
おっしゃるとおり、細かく作るとその後にかかる作業時間も増えてしまうので悩み所だと思います。
ただ、なんの題材であっても 時間がない というお話からすると レーリーフ(浮き彫り)状にしてみるのも一つの手かも知れません。
自分でもココは省略したくない!ってところだけは、立体的にして、残りは墨の線などで描いて表現する ってことであれば 色々な題材にチャレンジできるのではないでしょうか。

針金は、木工用ボンドをつけた糸をくるくると巻き固定しています
言葉では中々伝わらないかも知れません 
既にご覧になっているかも知れませんが
ねぶたオフィシャルサイトの 金魚ねぶたの作り方(糸の巻き方)を参考にされてはいかがでしょうか?http://www.nebuta.or.jp/kiso/kingyo/kingyo_harigane.pdf

もう一つは、 コメントをいただきました 今年作った鍾馗 さすがに小さく、手も入らないので はんだ付けをして針金をくっつけています。

あまり参考にならなかったかもしれませんね m(__)m 

時間も無いようですが、良い作品ができますように頑張ってください

2011/09/12 00:10 | URL | ishidafamilia #-  edit

 コメント投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック 
トラックバックURL
→http://ishidafamilia.blog51.fc2.com/tb.php/891-de6385f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。